モーツァルト 幻想曲二短調 K397について

この曲は小生と妻にとって忘れがたい一曲である!!! 5年前の小生の誕生日に妻が僕にこの曲をピアノで演奏してくれたのだ!!! そして、これを聴いて小生は妻との結婚を決意したのだった!!! したがって、この曲は小生と妻にとって、一生忘れがたいい一曲となっている。 さてこの曲はモーツァルト26歳(ウイーンにて)の時…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調K622について

この曲はモーツァルト35歳(ウイーンにて)の時の作品で、この世を去る2か月前に完成した最後の協奏曲であり、晩年の透明な心境をうかがわせる気高い精神性と表情をたたえた傑作である。 親友でウイーン宮廷楽団の優れた奏者シュタードラーのために作曲した作品である。 この曲の小生のコレクションは以下のとおりである。 アルフレー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト レクイエム二短調K626について

この作品は、モーツァルト35歳(ウィーンにて 未完成)のときの作品で、最後の作品となったものである。 モーツァルトがなくなる5か月ほど前のある日、彼のところに見知らぬ一人の男が現れ「レクイエム」を作曲してほしいという手紙を置いて行った。 このようにレクイエムは前半はモーツァト自身の手で、そして後半は弟子のジュスマイヤーの手によって完…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト フルート四重奏曲第1番ニ長調K285について

去る3月22日、熊本モーツァルト協会の例会が開催され、約25名の出席者で、「モーツァルト ザルツブルクとの決別」というテーマで開催された。講師の橋本先生が解説をされ、非常に役にたった。 さて、今回のモーツァルトコレクションのテーマは、「フルート四重奏曲第1番二長調K285」についてである。 この曲はモーツァルト21歳(マンハ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モーツアルト 弦楽四重奏曲第14番ト長調K387について

小生の最近の楽しみは、一つは旅行であり、もう一つはバーめぐりである。 先日来、妻と長崎、鹿児島、博多と行き、最近の毎日は、妻と毎晩バーで飲み歩いている。 訪れたなかでも、長崎の夜景は特にすばらしかった!!!! さて、今回の小生のモーツァルトコレクションは、「弦楽四重奏曲第14番ト長調 K387」についてである。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルトヴァイオリンソナタ第28番ホ短調K304について

小生のブログは、約1か月間お休みをいただいていた。 この1か月間、小生は、熊本市内にある、バー、ステイツ、レンテや、ショットバーライラ、MJ, スザンヌで有名になったキャサリンズバー、イング、スナックなどを、ひたすら飲み歩き、熊本の夜を満喫していたため、朝早くいつも書くブログが書けなかったわけである。。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト ピアノソナタ第13番変ロ長調K333について

昨日、小生のオーディオルームがついに完成! アンプ、チュウナー、CDプレーヤーは、DENON製で固め、スピーカーはドイツのエラック製の中古スピーカーとなった!先日来、熊本市のオーディオショップアリミズさん(小生と熊本モーツァルト協会でご一緒させていただいている間柄の社長さんのお店)から購入していたものが、昨日入荷したのである! さっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト セレナード二長調K185について

昨日、小生は、妻とデートした! まず熊本市内の居酒屋に行き、それからバー2件、レンテ、ブルーを梯子した! 実に楽しい1日であった! さて、今回の小生のモーツァルトコレクションは、「セレナード二長調K185」についてである! この作品は、モーツァルト17歳(1773年 ウィ―ンにて)の時の作品である。 1773年から76…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト ディヴェルティメント二長調K205について

小生のモーツァルトコレクションの今回は、「ディヴェルティメント二長調K205」についてである! この曲は、モーツァルト17歳(1773年 ザルツブルクにて)の時の作品であり、第3回イタリア旅行から帰郷したモーツァルトは、ザルツブルク宮廷に仕える音楽家として、着実な活動を続ける。 曲の書法で変わっているには、弦楽部が、普通は4声で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト ピアノソナタ第12番へ長調K332について

小生の自家のテレビが今日、ついに壊れた! 寿命7年の今のテレビであった。 今日、妻と午前中、熊本市内のベスト電器に行き、SHARPの32型のTV(ブルーレイ付き)を思い切ってついに購入した。我が家にとっては、実に思い切った出費であった! それと昨日は妻と久々にデートし、熊本市内のショットバー、レンテ、ブルーで、シングルモルトウ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト 四手のためのピアノソナタハ長調K521について

小生のうちに新しいパソコンSONY VAIOがやってきた!! もうTOSHIBAのDAINABOOKパソコンが5年で寿命であり、思い切ってこの際買い換えた!!! マルチメヂアらしく、実にスムーズにネットやメール、DVD、CDが見れ視聴できた!!! これも我が家の大蔵大臣だる妻のおかげである!!! さて、本日のモーツァルトコレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ 二長調K448について

小生の日課は、夜10時に寝て、朝の4時に起きるという毎日であり、したがって睡眠時間は6時間ということになる! 「朝方人間」に変え、おかげで朝からゆっくりモーツァルトを聴き、ブログを書いている! 昔の人は「早起きは3紋の得という」が、言い当てていて不思議な感じがする。 さて、今回の小生のモーツァルトコレクションは、「2台のピアノ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト 二台のピアノのための協奏曲変ホ長調K365について

小生は、最近自宅のオーデイオシステムを、初めて入れかえた!!! 妻の配慮で、貯蓄のなかから、捻出し購入した! アンプとCDプレーヤーは、アメリカのJBL、スピーカーは、ドイツのエラックである! 熊本モーツァルト教会の「アリミズ」さんから先日購入!!! 今は、毎日このシステムで、モーツァルトを聴いている!!! さて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト交響曲第29番イ長調K201

小生の趣味の一つに食べ歩きがある!!! 毎月、妻と給料日に今は、熊本の夜を毎月堪能している。 先日は、熊本市内の、下通りの寿司屋「さつき」に行き、その後カラオケに行き、「EⅩⅠREや平井堅」のバラードを歌い、締めは3次会、4次会で、ショットバー「レンテ」と「ブルー」により、妻はカクテル「マルガリータ」と小生はシングルモルトウイスキー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト ピアノソナタ第8番 イ短調K310について

小生のブログアクセス件数も、既に今日ついに現在、1850件に達した!!! いかに全国にモーツァルト・ファンが老若男女含めて多いかの証明でもあるだろう!!! さて、今回の小生のモーツァルトコレクションは 、「ピアノソナタ第8番イ短調K310」についてである!!! このソナタはモーツァルト22歳(1778年 パリにて)の時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K482について

小生の、友達は、現在、全国に50人ほどになり、長崎、佐賀、福岡、鹿児島、京都、東京、埼玉、神奈川、大津、神戸、浜松、会津、岩手には、人脈がある!!! 全国転勤の銀行員としての特権である。今付き合っている人は、銀行の内外に及び、いまもこれからも一生お付き合いしたい人ばかりだ!!! 小生の定年後の夢は、何処かの県に、「カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本モーツアルト協会例会について

昨日は、小生は「熊本モーツアルト協会」の例会に、初めて参加させていただいた!!! 参加者は、男女約30名であり、ご高齢の方が中心であった。 例会後、懇親会出席。 世に言う熊本の、モーツァルトオタクの人たちが、一同に会し、話はいつまでも尽きなかった。 参加者には、元銀行員もいれば、会社の社長さんたち、県庁の方などもおられ、実に楽し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モーツァルト 大ミサ曲ハ短調K427について

小生の、銀行員としての人脈は、日本全国に数は少ないが内外にあり、昨日はその方々と電話し、旧交を暖めた。 ブログのアクセス件数も遂に1500件を突破した!ちなみに熊本は、昨日は大雪であり、大変であった。 さて、今回(第23回)の、小生のモーツァルトコレクションは、「大ミサ曲ハ短調K427」(未完)についてである。 この曲はモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト ディヴェルティメント第7番二長調K205について

昨日、小生は、メガネを5年ぶりに、新調した。初めての遠近両用メガネである。 かけてみて、遠近よく見えることといったら、驚くほどで、世界観が変わった!!! さて、今回(第22回)の、小生のモーツァルト・コレクションは、「ディヴェルティメント第7番二長調K205」についてだ。 この曲は、モーツァルト17歳(1773年 ザルツブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト ディヴェルティメント第10番へ長調K247について

今回(第21回)の小生のモーツァルトコレクションは、「ディヴェルティメント第10番へ長調K247」についてだ。 この曲は、モーツァルトが20歳(1776年 ザルツブルクにて)の時の作品である。 数多くの機会音楽が作曲された年、「ハフナー・セレナード」と同じ時期の作品である。この曲と、翌年に作られたK287のセレナードは、ともにザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more